top of page
  • 執筆者の写真木村幸比古

新年のご挨拶

 


あけましておめでとうございます。


 出羽国楯岡城下(山形県村山市)に二柱の神を祀る熊野神社があります。

 一柱はスサノオノミコト、のちに一柱の剣神民治丸が合祀されています。この神社の境内で今から四百年前、父の仇のため剣の修行に明け暮れる少年がいました。幼名は民治丸のちの、林崎甚助源重信です。神社に籠り祝詞を唱え、瞑想し、潔斎で身を清めて百日目にご神託があり、神妙秘伝の抜刀居合を賜りました。この業前をもって父の仇討ちを叶え、さらに各地の名だたる剣客と立ち合うため修行の旅に出、名だたる剣客に居合の妙技を伝えました。林崎の腰の刀が鞘から抜き放たれると勝利し、いつしか居合の祖とあがめられました。


 林崎甚助を流祖とする無双直伝英信流を極められた子爵・山内豊健先生の御歌には 「わが道の 居合一筋 雑談に 知らぬ兵法 事をかたるな」とあります。


 豊剣会は山内豊健先生の訓え、先人の言葉を素直に受け止めて励めば、品格のある業前になっていく。議論するよりも、刀を振れば刃筋がとおり、真の居合が生まれてくる。自己流を陥らないためには、大会、講習会へ積極的に参加し、研鑽することが正しい修行のあり方です。


 豊剣会の本部道場がある三ノ宮神社は祭神スサノオノミコトで、龍を退治する大絵馬が奉納されています。この絵馬をながめると先人の修行の深さをかんじます。


 今秋には4年に1度の山内派演武大会の年であります、師の言葉を信じ会員と共に真摯

に稽古に取り組んでまいります。


正月元旦

豊剣会会長 木村幸比古

最新記事

すべて表示

FM79.7 京都三条ラジオカフェ「山村有佳里のミュージック+プラス」に出演

2024年7月2日放送の「山村有佳里のミュージック+プラス」に、京都芸術大学(旧 京都造形大学)居合道部 部長の平岡さんとともに出演しました。 芸術大学において全国初の居合道部発足のお話について。 いつでも聞けますので、ご興味のある方は是非。 山村有佳里のミュージック+プラス 2024-7-2OA

コメント


bottom of page